無停電で計測・診断を実施 エポキシモールド機器活線診断 [特許取得]

エポキシモールド機器の故障は生産・事業計画に与える
インパクト

エポキシモールド機器

絶縁油等を使用しないエポキシモールド機器は、一般的にメンテナンスフリーと考えられてきました。そのため定期的な清掃とメガ測定で保守を済ませるケースが多いのですが、経年や外的要因により突然事故につながることも…エポキシモールド機器で万一事故が発生すれば、工場全体に大きな影響があり、生産・事業計画を大きく狂わせる可能性があります。

エポキシモールド機器は、
メンテナンスフリーと思っていませんか?

エポキシモールド機器で発生する事故の多くは、絶縁材料(エポキシ樹脂)内部で発生する部分放電の伸展によって引き起こされます。
当社ではこの部分放電の電磁波を検知、無停電で劣化状態を測定・診断する技術を開発しました。

◀︎ 焼損したモールド機器
▲ (写真)焼損したモールド機器

エポキシモールド機器活線診断が有効 !!

初期の劣化に現れやすい部分放電を、設備が稼働している状態で測定・診断します!!

測定方法測定の概要
当社
部分放電測定

比較的初期段階の劣化に現れやすい部分放電を、測定・診断して、お客さま電気設備の事故を未然に防ぎます

設備が稼働している状態で測定出来ます

メガ測定
(絶縁抵抗測定)

各電気設備ごとに、規定された試験を実施、絶縁抵抗値を測定し、火災や感電等の災害を防止します

設備の停電が必要です

事故はもちろん、
未然に防ぎたいけど…

停電が必要?

診断費用はどれくらい?

診断にかかる時間は?

測定精度は?

診断で異常が見つかったら?

無停電 低価格 短時間測定 精密測定 最適な更新計画
かんでんエンジニアリングのエポキシモールド機器
活線診断は、
そんなお客さまの声を、すべて解決します!