処理期限まで残り10年3ヵ月平成39年3月31日 後で慌てないため、
今知っておきたいPCB処理のABC!

  • もしかしたら御社の変圧器も…? 微量PCB汚染機器は推計120万台!

    平成14年、変圧器などに含まれる絶縁油に、意図せず混入した微量PCBの存在が発覚。処理義務が法制化された同汚染機器の全国総数は約120万台と推計されます。

    微量PCB汚染機器の現状
  • 3年以下の懲役+1,000万円以下の罰金! 処分のリミットはあと10年!

    PCB汚染機器の処分期限は、平成39年の3月31日。これを破ると3年以下の懲役プラス1,000万円以下の罰金という厳罰が科せられます。経年により機器の劣化が進み、汚染絶縁油が漏出しやすくなるので要注意。

    PCB処理の義務について
  • そのままでは焼却できない! 大型機器は解体にコストがかかる!

    小型の汚染機器はそのまま焼却炉で焼却処理できますが、大型機器を焼却炉に入る大きさに解体して搬出するのは液漏れなどの2次汚染対策を考える必要があり、コストも非常に高くつきます。

    かんでんエンジニアリングなら安心!
  • 代替器の設計・製作や購入資金の準備など… 機器の更新には時間が必要!

    大型変圧器の更新資金の積み立てや、更新機器の設計・製作には数ヶ月~数年単位の準備が必要です。運転中の機器について、汚染の有無や処理・更新の必要性を事前に把握しておくことが大切です。

    かんでんエンジニアリングなら安心!